くるくるばたばた

主に東方SSの解説や感想と、稀に漫画とかラノベとかその他。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東方SSメモ62
 二週間程度で百作品とか……。

・「滅亡」
 面白い。たぶん斬新っぽい解釈。
 その解釈に一途過ぎて、他の細かなところを無視してるきらいはあるけど、短編としては致し方ないかと。長編にするようなネタでもなし。

・「スターリグル」
 個人的にはネタはそこまで好みじゃないんだけど、なんというか、文章だけで凄く面白い。エンターテイメント的というか、固すぎるわけでも無駄に崩してるわけでもなく、楽しむのにとてもちょうどいい。

・「時には昔の話を」(その5・完結)
 書きたいものを思うがままに書ききった結果がこれだよ! という感じ。
 個人的にはその3が一番面白くて、実はその4以降はちょっとパワーダウンな印象だったかもしれない……その4以降はちょっとやりすぎというか、行き過ぎてた感じもあるんだよなあ。

・「黄昏の郷の黄昏」(光・陰・箭)
 作品集62内での私的最高作品。
 自分的な解釈のもとで世界とかを再構成するって話が私は好きな傾向にあるようです。

・「繁栄」
 「滅亡」とワンセット。「滅亡」の方がネタに切れがあった印象で、そっちの方が好みだったりもして。

・「ごらん、あれが空飛ぶ阿求だよ」
 なんかもうコメディ書きとして老練してる印象。ヘロたんインしたおとか天才的過ぎる。
 作品集62において、コメディという分類では他を突き放してトップだと思う。

・「花と悪魔」
 珍しいほどにガチなバトルもの。バトルな描写がかっこいい。

・「あなたと繁殖したい」
 うにゅう、ahoさんだなあという感じ。つーか書くの早い。

・「むぎゅっ」
 むぎゅう。えーりんえーりんです。

・「名探偵サトリ」
 スタンダードに面白いさとりもの。
 いくらかわざとらしい部分はあるものの、そこまで気にならない。よくできた優しいお話です。ツンドレ。

・「火車のすヽめ」
 あう、いい雰囲気。
 わりと説得力のある妖怪的世界観。
スポンサーサイト
懐旧因子
 なんかぽろぽろと零れ落ちてきたので、とりあえず書いてみました。


more »

東方SSメモ61
 実は感想とは限らない独り言。
 ここ最近は「時には昔の話を」がいろいろと席巻してる感じなのでしょうか。いい意味で二次創作ってのを体現してる感じの。


・時違えのホトトギス
 実はわりと考えたことのあるネタ。
 かつて外の世界にいたというのは、やっぱり早苗さんの特異性の一つなので。外との関わりを主軸に添えてみたくなるのはやはり必然か。あと三捻りくらいしなくてはならないかも。

・新興宗教女の子は特別教
 すっきりあっさりすぱりと切り取った短編。病んデレひゃっほい。
 読みやすいかどうかは別、というかたぶん読みにくいと思った人が多いのかもしれない。評価的に。でも自分的には好きな文章で、なにかしら特異ではあるかもしれませんが、ある方向に磨いている文章かなーと感じたり。短編としての切れ味はかなりいいし。
 これ書いてる時点でこの作品が2000点いってないんだから、わからないものです。

・時には昔の話を(その3・その4)
 次の作品集にて完結した長編。実はその5には感想書きました。
 個人的にはその3の中盤あたりが一番好き、というかその後は微妙にパワーダウンしてる気がしなくもないかもですが。

・寝顔いただき幻想列車(前・後)
 早苗さんの寝顔をもっと……!!

・怪談VSトラウマ
 早苗さんっ……!!

・お燐と妹紅 ~竹林死体旅行
 地霊殿キャラをわりとまっすぐに。

・外来種、生き馬の目を射抜く幻想郷を往くのこと
 オリキャラはオリキャラなんですが、なんというか、いい感じの脱力系。

・椛と香辛料
 カレーの話。カレーな話。辛ぇ。

・愚者から愚者への贈り物
 幻想郷を「舞台にした」もの。
 個人的には間違いなく面白いのですが、しかしまあ、これが受け入れられて他のアレとかコレとかが受け入れられないってのはどこらへんの差なんだろなーと作品以外の部分に疑問を感じたりしなくもなく。つまり人の評価なんてあてにならねーよという。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。