くるくるばたばた

主に東方SSの解説や感想と、稀に漫画とかラノベとかその他。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東方SSメモ71
・「縁側には三人で座りましょう」(後編)
 わりと逃げることなくシリアスを書かれるとそれだけで評価してしまいたくなってしまうシリアス好きです。
 オリジナル設定は個人的にはそこまで抵抗無く受け入れたのですけど、紫の心情を霊夢に伝えるやり方が直接的過ぎというかわざとらしすぎるかなあと少し思ったかも。もう少し間接的、婉曲させてるほうが個人的には好み。


・「B境界の突破者」
 なんかアホみたいな得点になった壊れギャグ。つまりカオス。
 香霖ものでは一番好きかもしれない……なんとなく香霖関係の「いい話」っぽいのって合わないと言うか違和感があるというか。このくらいがちょうどよく感じてしまいます。(我ながらそれもどうかと思うけど)


・『「落ちない。」』
 小町との絡みもなく、ヤマザナドゥさんが普通にお仕事してらっしゃいます。この時点でわりとレアな印象が。
 粋な坊主と閻魔様の、なんとなく心地よい関係。この作品集内では二番目に好きな作品。


・「妖忌の大冒険」
 笑ってしまったので私の負け。


・「Red Bread Scarlet」
 実は今作品集で一番好きなんだな。例のごとく、なぜか点数は低いんだけど。
 わりとナチュラルに外れていって、狂気じみてるけど狂っちゃあいない。当人たちはというと、なんだかんだでいろいろどうでもよさげ。この少しずれた感じがなんとも東方っぽく思えて。エンディングもところどころそれっぽいし。
スポンサーサイト
東方SSメモ70
 ……はにゃ、だんだん自分の中での基準が高く……目が肥えてきてしまったのでしょうか。
 ほかには「以津魔天。」「創作の果て」「異聞吸血鬼異変(更新きました!)」「虹色有頂天」あたりが印象に残っているのです。

・「彼岸に逝く迄」
 安定した濃厚こってりな文章力。この人が書く、誰かと誰かの話は好きになれる傾向がある気がします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。