くるくるばたばた

主に東方SSの解説や感想と、稀に漫画とかラノベとかその他。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東方SSメモ84
・「秋よ来い」(FoFo氏)
 秋の力が弱まって、信仰を失いつつある秋姉妹が、それらを取り戻すために飛び回るお話。

 そつなくまとまってるうえにすべてのキャラが魅力的(神奈子様については異論があるかも)。ところどころ挟まれる小ネタ(諏訪子様絡みが多いかな、あとだいちゃん)や独自解釈がいい味を出してる。
 ぱたんぱたんとドミノが倒れるみたいに綺麗に全員がそこにいて、伏線もきれいに回収される最終局面はすごく鮮やかで……ガチの殺し合いとかそんなじゃないんだけど、なんかシチュエーション的に燃える。

 コメントでも指摘されてるみたいだけど、やっぱり気になったところとしては、この流れなら祭りで締めてよかったんじゃないかなというのが一つ。ありがちといえばありがちですが、そこのお約束は踏襲してもいいんじゃないかなと。
 そしてもう一つは、神奈子と早苗の依存関係についてもうちょっと描写しておけば、神奈子の悪者っぽさもいくらか削れたんじゃないかなとか。これは話の構成的にちょっと難しいし、やる必要もあるのかどうなのか分からないけれど。



・「クレィドゥ・ニア・ザ・へヴン」(桐生氏)
 シリアス話来たかと思って読み始めた私がバカだった。
 アリスが風邪をひいて、人形たちがそれを治療しようとするコメディ。

 人形たちの淡々としたぶっとんだ行動と鈴仙の勘違いメイクっぷりが楽しいお話。
 個人的には、ちょっとシリアスっぽい冒頭部分のほうが好きかも分かりません。人形たちにとってアリスは心臓であり、それ以上でもそれ以下でもないといったあたり。

 気になったこととしては、いくつか誤字っぽいのがあった(常に気にしてるわけじゃないけど、なんとなく目に付いたような気がしたので仕方ない)のと、いやこれはもう自立した人形だよねと思えてしまったこと。単発コメディだったらそんなに気にしないけど、『フロムザクレイドル』と繋がったお話で、このシリーズでもう一作書くと言うんなら、野暮とは思うけどやっぱりそこらへん微妙に気にしてしまう。



・「流し雛」(twin氏)
 鍵山雛が垣間見た愛憎物語。短編連作みたいな形式。

 語り、というか語らせが上手いなあ。
 他者の悲しみ、痛みを纏っていく雛の描写が秀逸。
 一番不幸だったのは誰か。まるで逃げのように思われるかもしれないけれど、不幸という言葉も幸福という言葉もこのお話には似合わないんじゃないかなと感じました。だって不幸と断じることも、幸福と言い切ってしまうことも、何かを忘れて切り取ってしまっているように思うから。
 雛に託すのではなく、分かち合い赦されることでの救い。そして、そうすることで存在している鍵山雛。……やっぱり自分には、このお話に不幸という言葉を貼り付けることは出来ないなあ。
スポンサーサイト
東方SS投稿な報告「ごめんね」
 東方創想話に投稿してきましたー。

 わりと実験的というか、ふと思いついたままに書いた感じ。ちょっといろいろ考えるのに疲れて、とも言う。
 解説というか、ちょっと関連して語りたいと思っていたことを以下に。ついったーで呟いたのをそのまんまもってきてます。

more »

東方SSメモ83
 これはちょっと心に留めておきたいなーと思った創想話作品を個人的にメモしておく(微妙に紹介っぽくあったりもする)記事、作品集83のぶん。


○「ヒマワリの咲かない季節」(浅木原忍氏)
 「真昼の虹を追いかけて(作品集80)」と同一の世界観。相も変わらず、なだらかで安定した面白さ。
 蓮子とメリーの二人は勿論ですが、東方キャラの読み込みや解釈、それらの秘封世界への再構成といったものに驚くほどぶれが無い。そうやってできたオリジナル(?)なキャラクターの関係性がすごく魅力的。たぶん、この世界観を描いてること、それ自体が面白みだと思います。
 秘封の二人の、若干近いけどあんまりに近すぎない距離感も個人的に好みで、いま最も楽しみにしているシリーズの一つです。この作品集で二番目に好き。



○「さよなら」(反魂氏)
 読んでてすごく入り込める作品。文字じゃなくて、文章が。この作品のすべてが、語り手を伝えてくる。

 ……忘れてしまうなら、嗚呼、今みたいな時かなって。

 それらが、伝わってくるすべてが集約していたこの一文。
 この一文がぴしゃりと入ってきて、息を呑まされました。

 ……と思っただけに、直後の、「本当に、泣くかと思いました。。」と句点が二つ続いているたぶん誤字と思われる部分にずっこけたりも。決め所なだけに痛い。それを除けば文句の付け所のない作品でした。この作品集で一番好き。



○「幻想の終わる時」(Jiyu氏)
 できるかぎりすべてを描こうとしているがために妙に長くなっちゃってるのですが、その、できる限りすべてを描こうとしているってのが長所でもあるのでぐぬぬ。この作品集で三番目に好きな作品。
 ストーリー上に現れるキャラクターそれぞれにストーリーを用意しているというのは、やってみようと妄想するだけなら簡単だけど実際にそれをやるとなるとわりとくじけます。そんなものを書ききったってだけで十分評価できるし、作者さんの広げに広げた妄想がずどーんと叩きつけられてるってのが好みの人間でもありますので、このお話はとても好き。
 ただ、いくつか妥協の匂いがする箇所が……まずはやっぱり、冥界組や彼岸、地底あたりが扱われてないだとか。このお話の流れなら、やっぱり扱うべきでしょう。
 それに、このお話の構成だったら、やはり『想い出す』ことで締めるべきじゃないかなと個人的には思わずにいられなかったりだとか(「永い夜の物語」をちらちら読んでるからそう思うのかもしれませんが……)。そのため、プロローグの秘封部分の味があまり出ていないように感じたり。
 この日付を狙って投稿したんじゃないかと邪推させる部分が作中にありまして、だからこそ妥協の匂いがより強く思えたりも。そこらへん、すごく残念でした。あと個人的には、絵を貼ったり章題を太文字にするのとかは抵抗無いんですけど、台詞を太文字で大きくしたりというのだけはどうにもならんほどの陳腐感が……。あと、少し言葉の強調(傍点というんだったでしょうか)が多すぎかなとも。
 全体的には、とても楽しませていただきましたが、正直それ以上に、もっと良いものになったであろうにというもったいない感がとても強い作品でした。作者さんの次作に期待です。



・「寿命の灯火」(twin氏)
 小町の御伽噺。小町の過去話は意外とあまり目にしないような。
 語り手が何を伝えたかったのか、なんとなくもやもや想像してみるもなんとなくでしか形にならない……なので、なんとなくの理解にしか落ち着かないのですが。少女についての背景が曖昧なのも、「語り手が何を伝えたかったのか」が説明責任を果たしているのかなとも思わなくも無いのですが……。



・「確かめに行こう」(ぱじゃま紳士氏)
 どうしてなのかはわからないけれど、自分の中にイメージしようとしている古明地姉妹に近いような……正体が読み取れないんだよなあ。未熟だ私。



・「焦がさないで」(司馬漬け氏)
 小傘ちゃんの魅力はまだまだ開発されきってない……。
 良いテンションで、すごく上手さを感じさせてくれるコメディでした。



※続きが待ち遠しい
・「バレットライフ!」(イセンケユジ氏)
・「彼女の目指したぽかぽかおひさま」(にゃお氏)
東方SS投稿な報告「彼方より此方を」
 あい投稿させていただきました。今回はCoolier -クーリエ-内の東方創想話の方です。最新作品集、と言いたいとこですがもう埋まっちまったので作品集83になります。人少なめなのに投稿ペース早くて私涙目。わかってたことですが、でも祭典に行けないことから生じる何かしらの衝動のままに投稿までもってきたかったのでした。

東方SS投稿な報告「こんなに可愛いお人形」
 例のごとくどこかへ投稿してきました。例のごとくって二回目だけど。
 なんか普通にアレなSSも書き始めたので、そのうちアレなページも作るかもしれません。気が向いたら。

 設定的にガチというか、いろいろな兼ね合いを考えなくてはならなくて頭が疲れるSSを書く、その合間に休憩がてらちょこちょこ書いていたのですが、こっちが先にできちゃったので投稿してみた次第です。霊夢はかわいいですね。

 とかく霊夢がかわいかった、それだけです。
 伽の方に次に投稿するのは、たぶん、もうちょっと長くなるというかストーリー性があるやつになるかも。そうでもないかも。たぶん私の頭だと現時点ではさなれいむにストーリー性が見出せない感じなので、どちらかというとゆかれいむに傾いていきそう。圧倒的なゆかれいむ。
東方SSメモ82
・「恋路の行方」(twin氏)
 東方というジャンルでは他のものにくらべて「ガチ恋愛」という要素を含んだ作品がやや少なく感じるのですが、そのガチ恋愛を描く人、描ける人といったイメージを氏に対しては持っています。
 また、東方のキャラたちからいつか少女性が失われたその時を、「女性」になった時を描くことが多くて、そしてそれにかなり説得力を持たせることができる人だとも。ガチ恋愛といった方向性とうまくマッチしている結果なのかもしれませんが、氏の描く女性キャラはどれも、すごくすごく魅力的です。彼女らの少女性を見慣れている私たちからしたら、それはおそらく、恋愛に伴った何かしら喪失の匂いを漂わせているがゆえの魅力。他の作品では滅多に見られないものです。
 このお話ならば、魔理沙も、霊夢も。二人の、殊に霊夢の心情を自身の中で再構成しようとすると、本当に胸が痛くなる。
 「博麗」の外伝において、物語からいくらか削られていたように思えた歪な部分も、完全なまでに補完され。もはや言うこと無しの作品です。この作品集で一番好き。ダントツ。

・「阿求の守矢滞在記」(鹿路氏)
 アットホームな雰囲気のまったり話……とは限らないけども。この作品集で三番目に好きなやつ。
 「ヘアーブラシとアスピリン」の人ということで。なんとなく読むモードの私だと微妙に地の文でよくわからなくなるところもあったのですが、ちゃんと読むモードに移行してみるとやはりこのくらいの地の文に個人的には味を感じるのです。安心して読めるお話、といった感じです。

・「お賽銭箱物語」(PNS氏)
 面白い二次創作には付き物の熱量みたいなものを、たしかに感じるお話。この作品集では二番目に好きです。
 自分としては、おばちゃんと霊夢の交流部分が一番好きだったりもして。
 しかし個人的に一つどうしても気になったことが……というか根本的なことなんで、これを言っていいのかどうなのか……なんていうか、どうにもお賽銭箱ってネタが浮いてるように思えてしまって。「お賽銭箱物語」なんだけど、お賽銭箱がきっちり中心に添えられてないような、ちょっとちぐはぐ感。いや添えられてはいるんだけど、添えられきってないというか、(三)までいったらほとんど存在薄くなってるし……これを言っちゃうとほんと低レベルな感想になってしまって嫌なんだけど、ぶっちゃけお賽銭箱無くてもこの話は回るのでは……? という。
 と思いながらブログでの後書きを読んでみたのでした。どうやら霊夢やおばちゃんの話はもともとあって、それを語る手段としてお賽銭箱を導入した感じらしく。納得といえば納得ではあります、ががが。


 ほかには、「コイにモーモク」(久我拓人氏)の突き落としっぷりと主人公視点での世界の想像を楽しませていただいたりしましたー。


※後編が来たら読む
 「La Flamme de L'amour」(浅井キャビア氏)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。