くるくるばたばた

主に東方SSの解説や感想と、稀に漫画とかラノベとかその他。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東方SS投稿な報告「幻想郷は、滅びるべきだったのです」
 投稿しましたしてきました。

more »

スポンサーサイト
東方SS投稿な報告「ゆかれいむが幻想入りしてくれない」
 投稿してきたちゅっちゅ。
 以下ちょっとネタバレはあんまりないんだけどこれに関して解説というかなんといいますか。

more »

東方SS投稿な報告「恋の奴隷」
 投稿したゆかれいむ。

 なんで私のは受け霊夢なんだろうと呟いたら、ゆかれいむだからだよと言われた。
 ならばゆかれいむで攻め霊夢を書いてやろうと思った。
 紫を受けにしたら霊夢が攻めになるだろうと思った。
 なのでとりあえず紫を霊夢の奴隷にすることにした。
 できたものはいつもの受け霊夢だった。
東方SSメモ88
 創想話無印で面白かった作品を、作品集ごとに個人的にメモする記事、作品集88にて。


「かくて賽は組み上げられた」(Spheniscidae氏)
 理香子と、幻想郷の人妖たちとの関わりが描かれた中編。キャラたちは一見ありふれているようだけども、どこか独自性もあるように感じる。おそらく、「ありふれている」という以上に「しっかり構築されている」がためにでしょうか。誰もが、どこか地に足が着いているような感覚がある。ようは、まず一つとしてキャラの描き方が上手い。

 受けてないことに理由を求めるとしても、まず書き手側でどうこうするよりも、読み手の傾向に合っていないというのが途方も無く大きい類と思う。言ってしまうと、わりとどうしようもない。どうにもできないというべきか。
 強いて言うなら、どうして科学を研究してるのかってことに、明確だったり斬新だったりする回答が出されないままに終わったことか。あれで悪くない、というか結局あれなんだから仕方ない、と個人的には思うけど、その感覚がわからない人もたぶんわりといるので、もうちょっとはっきり、強く示した方が、万人に受ける。

 あと、読みながら、変なもやもやと奇妙な納得のようなものを感じていたのですが、実力向上スレの649を見て、なるほどと。読んで特に感じることの無かった人は、リンク先の批評を見てから再解釈してみてほしいなと思うです。
 まあ、作者さん的には無意識に沈んでたテーマっぽいけども。その人の感性というか、もうちょっと根っこの部分から自然と染み出したみたいっぽい。そういう読み方をしなくても十分に楽しめるけれど、そういう読み方をするとまた別の楽しみ方があるということで。



「豊穣の神」(S.D.氏)
 発想が素晴らしい。
 どうしてそこに思い至らなかった自分、というような、盲点を突かれた心地よい敗北感。
 大きな物語というわけではないけれど。豊穣の神という存在に対して、なるほどと頷いてしまう強い説得力を持った作品です。

 ただ強いていうなら、個人的解釈の領域だけど、原作に近めな描写がなされているこの作品だと、微妙に霊夢が純粋すぎるというか、良い子過ぎるかなあという感じはしなくもないかも。もうちょっといろいろどうでもよさげな感じだと思うあの子は。視点は別のキャラでよかったんじゃないかなあと思わないこともないかも。
 しかし全体としては、ほとんど文句の付けようの無い良作でした。



 そのほかには、「つながるストマック」(超空気作家まるきゅー氏)、「諸行無常」(twin氏)、「――…」(日間氏)が面白かったのでメモしておきたく。
東方SS投稿な報告「親友以上、友達未満」
 投稿してきたのよ!
 以下ちょっとネタバレで云々。

more »

東方SS投稿な報告「賽銭なんていらねえよ、秋」
 投稿してまいりましたのよ。
 以下ちょっとネタバレで解説。

more »

東方SSメモ87
 創想話作品集87で気になった作品をメモしたり紹介したり。


「アーリーデイズ」(十把ひとからげ氏)

 妖よ。まだわからぬというなら言ってやろう。お前がなぜその者に執着しているのか。なぜ妖であるにもかかわらず、その者をとどまらせるのに、自分の身さえ顧みないのか。
 それはお前が、その者に「取り憑いて」いるからよ。自分で気がついてはいなかったの?妖は、自分の身すら顧みないほどに、他のものに執着を覚えることなどない。あるとするならば、それは、それそのものに、妖が「取り憑いている」からよ。

 こちらは後編。作品集78に前編があり。
 よくある幽々子の過去話……と一見そう思えるかもしれないけど、実は随所に斬新な設定が散りばめられていて、長いけどまったく飽きさせません。というか幽々子の過去話じゃねえ、妖忌の過去話だ。
 うん。……うん、言ってしまうと、斬新な設定が一番目立つ強みなんだけど。でもそれに振り回されることなくきっちり書いてきてて……なんというか、強度が高い。原作に直接繋がる主要な登場キャラとして何人かいるけど、そのうち紫と四季映姫が(おそらくはあの天狗も)、とても「らしい」。四季映姫の、柔軟さも含んだ頑なな強さや、紫の、少しばかり狂気を孕んだ有様が。

 この物語において、妖忌は、ほとんどの幽々子過去話でそうであるように、西行寺のお抱えの剣士をやっているわけではありません。常に幽々子の傍らにあるわけではなくて、だからすべてに関わることはできない。過去話だから結末もある程度約束されていて、幾ら斬新といえど、それまでを裏切ることはありません。
 その枠の中で、おそらく、他に比べてご都合主義を排していると思われる結末がやってきます。ハッピーエンド好きには、あんまり向かないかもしれません。でも、真っ直ぐ、誤魔化すことなく書かれた物語です。少々長めですが、一読の価値はあると思います。



「想造」(ulea氏)
 これ、なんかみんな鬱ってるらしいので楽しみにしてたのですけど、少なくとも、バッドエンドじゃないですよね。普通に、ごく普通に終わっただけで。何かが狂っているとしたら『蓮子』だと思うし、私達は研究員の側でウヘウへ言ってる方だよね。幻想郷万歳過ぎる。

 特に「幻想郷」を否定してるわけじゃなくて、否定してるとしたら「秘封倶楽部」で、その秘封倶楽部もまたそもそも狂ってるものとして描写されてるから、何か変なふうにネガティブな感想はまったく無かったです。研究員達も、間違ってるとは思えないもの。いや、『メリー』を好き勝手にしたり、嘘をついて結局公表するってのは悪役の仕事と思って間違いないけど、幻想郷に対して思ってることは私らと変わりないし。

 幻想郷を……いや、正確には秘封倶楽部をかな? ともかく、それを独り占めしようとしている『蓮子』を見て、醜く感じてしまう自分の発見。それだけで、このお話を読む意味はあった。
 あと、上手いなあと思ったのは、二人以上の研究員の会話が一つの「」内に収まってたところとか。ネタも含め、全体的に言って、すごく面白かったです。



・「妖怪博士の憂鬱」(すこぶる氏)
 オリキャラ主役。その人の名は、井上円了というらしい。
 寡聞にしてその人物のことは知らず、読み終えてから軽く調べてみたりしました。知らずとも普通に読めるよ、という意味でもあります。
 明治維新を経た文明開化の頃。近代化を成し遂げようとする日本では、しかしまだ、妖怪や様々な迷信、すなわち『不思議なもの』が信じられてもいたようで。井上円了は、それらを否定してやることで、いわば、人の心を近代化させようとしていた、みたいな感じらしいです。作中でこっくりさんが出てきますが、あれの原理を解明したのが彼である、とか。
 さてその否定というのも、頭ごなしに否定みたいなものではなく、きっちり研究し、科学的に解明することで否定した、と。その、きっちり研究した、という一面に目を付けたのがこのSSであるのでしょう。……本当に浅くしか調べられてないので、簡単にしかイメージできませんが。

 このSSで描かれる彼の内面には、なんだか親近感を抱いてしまいます。
 科学で解明されちゃうんなら、それは仕方ない。でも、調べて調べて調べて、それでも解明できないものがあるのなら、と。井上円了は、『妖怪』に関して調査した結果、偽怪、誤怪、仮怪、真怪の四つに分類したそうです。真怪と、現在の科学では解明できないものを、彼はそう呼びました。研究というのも書物だけでなく、日本中をまわっての実地調査をしていたそうです。ここに妖怪の否定以外の何かを見出すのは、すごく面白いと思います。
 少しばかり寂しい結末も、物語としてはとても好きな類のものです。素直に面白いSS、と言えると思います。




 他に楽しめたものとして、「東風谷早苗が解けない式」(みかんの国の住人氏)、「私は、ゆっくりになりたい」(じんのじ氏)、「幻想論理」(ぜろしき氏)、「スカーレットなファミリーのお話」(マンキョウ氏)、「毒の在渦」(百円玉氏)、「千、落陽」(いこの氏)の存在をメモ。


※ワタナベ氏の「孤独」シリーズは、完結したら読むかも。
※「彼女の黄昏とプラスチックダイアローグ」は完結したら一気に……。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。