くるくるばたばた

主に東方SSの解説や感想と、稀に漫画とかラノベとかその他。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東方SSメモ94
 創想話無印で面白かった作品を、作品集ごとに個人的にメモする記事、作品集94にて。
 スレに投げたレビュー(作品集ごと一気読んでレビュー名義)の転載も入ってるかも。


『向こう側』 (suke氏)
 幻想とは、科学とはなんなのだろうか。
 たとえば魔理沙は、当たり前のように空を飛ぶ。にとりもまた、当たり前のように空を飛ぶ。水を操ったりする能力もあるらしい。
 しかし、『科学的には』そんな簡単に空飛ばれたり水を操ったりされちゃあ困るのである。幻想郷の彼女たちは、だから科学の生き物ではない。幻想のものたちなのだ。

 それでは、幻想と科学の境はどこにあるのだろうか。
 そこを踏み越えたものは、どうなるのだろうか。

 科学の世界とは原理の世界であり、また幻想の世界は結果の世界であるという表現が作中に存在するが、にとりの研究はすなわち、幻想郷に既に在る結果に原理を当てはめること。
 すなわち「なんだかよくわからないものへの理由付け」に他ならない。細胞という『科学』の領域によって、『幻想』にあるものを暴こうとしているのだ。なぜなら、彼女は科学を信仰している。
 ……あるいはこの時点で、にとりという存在は矛盾を孕んでいるのかもしれない。科学とは幻想を排するもの。幻想は、科学によって世界から追い出されるものだからだ。
 しかし、矛盾であれどうあれ、にとりは科学に拠ろうとしている。そうせずにはいられない。そうするものこそがにとりだからだ。

 私は認めない。私は私の細胞からできているのだ。
 決して、訳の分からない力で出来ているはずがないのだ。
 そうでなければ、この河城にとりは一体何者なんだ?

(中略)

 自分が何で出来ているかもわからずに。
 生きていく事など出来はしない。
 河城にとりはここにいるぞ。


 彼女の研究がどのような結果に至るか。
 彼女は果たして、そこにいるのか?
 幻想を捨てた世界に生きる私たちだからこそ。ぜひともこの作品を読んで確かめ、考えてもらいたい。

 ところで、にとりの口調に違和感を感じたというコメが多いけど、個人的にはこれ以上無いくらいにベストヒットなにとりでした。あと地味に魔理沙かわいい





『【ターンテーブル・コタツムリ】』(歪な夜の星空観察倶楽部氏)を見て……アリスのことが、少しわかった気がしました。同時に、氏が描くアリスの魅力の意味も。アリスというキャラクターを考えるうえで、イメージの一部として混ぜ込んでいきたいところです。

『古明地さとり抹殺指令』(超空気作家まるきゅー氏)が、覚妖怪に対する論理勝負──に加えて精神的、観念的勝負でもあり、面白かったです。

『モルフェウスはようやく醒めた』(こうず氏)が、輝夜が蓬莱人になるまでの過程を直球で書いた話として面白かったかも。

『恋色トライアングル』(遠野はりま氏)が、霊魔理霖で珍しいくらいにド直球にラブコメやっててむずがゆ微笑ましい……もう幾つかアクションほしかったけど。

『もの斬る人びと』 (蛸擬氏)が、すごくいい短編集。キャラ造形がとても魅力的。明け透けで、だけど綿密で……「パノラマ郷綺譚」のような古風な語りもいい味出してます。

『リボン ~むすんでひらいて』(野田文七氏)のエロティックさが素敵……そして射命丸のキャラ造形がとてもいい。

『ラストサムライ ラストヴァンパイア』 (みかんの国の住人氏)がすごくいい……短編ながら、長く生きたものというのを、とても魅力的に描けている。
スポンサーサイト
非常に個人的趣向なすごい東方二次創作タグ別
 タイトルの通り。自分用のメモです。
 タグ別、みたいな感じで記憶に残しておきたい東方二次創作をぺたぺた。東方SS、ではなく東方二次創作。
 なんかイメージ的には、「このキャラと言えばこの作品!」というのを自分なりにまとめてみたいと思ったというか、そんな。
 キャラクター、キャラクターの組み合わせ、その他、といった感じにぺたぺたしてます。ネタバレを含んでいる可能性も否定できませんので、そのへんはまあ。個人的に好きな東方SSまとめとはまた違う感覚で抜き出してます。


 衝動的に作ったので不完全。たぶんこっからちょこちょこ追加していきます。

※最新更新:2010/06/30
 作品集93、94の分を追加。

more »

東方同人誌感想「ながれぼしのわすれもの」「幽幻と微笑の紅茶」「霧雨ちゅっちゅ蒐」
 おもについったで垂れ流したやつの転載です。
 読んだ東方同人誌(漫画、SS問わず)について、なんか気が向いたときに適当に書いたりしたやつです。
 たまに感想になってないことがある。



・「ながれぼしのわすれもの」(ロマンチックメロウ)

素直な印象を述べるなら……まず単純に、この三、いや四倍の文量あってもいっこうに構わん! と思う。うーん、なんだろ。必要最低限……なのか? すげーちんまりまとめちまってるとは思う……そういうコンセプトなら仕方ないけど、無駄に長編好きな人としては少し物足りないかも。

これを持ち出すのはちょっとアンフェアかも知れんけど……「ダブルグッドバイ」の存在もあって、書こうとしてる(っぽい)物事について、ちょっとちんまりまとめすぎちゃう症候群なんじゃないかなという印象が無きにしも非ず。実はエッセンス抽出しまくってるのを私がわかってないだけかもしれんが。

風神録の存在ブッチしちゃってはいるけど、早苗さんの幻想入り過程としては新しい手順だと思えるので、正直ちともったいない感じ……。「東風谷早苗ってどんな子だろう?」という本。早苗を描くことに失敗してるとは言わないけど、描かれてる早苗がわりと単調な子なので、全体的に薄味に感じられる。

なんかディスりしかできねーのかよって感じだけど、「ダブルグッドバイ」読んだときも、正直この人もっと書けるんじゃないかなーっていうかこれはもっと書いてほしいって思ったので、まあうん許してほしい。(まあ褒めるよりディスる方が簡単で誰でもできるよね……)

ただ、氏の特徴……というか私の感じる長所として、日常描写……それも早苗や秘封といった現代方面のが強いってのがありまして。その点ではこれもダブルグッドバイも、活かしてきてるようには感じられる……が、ながれぼしのわすれものもやっぱりもうちょっと長くていっこうに構わんじゃないかなあ。

現代日常ベース限定(?)とはいえ、ほのぼのを魅力的に書ける類の人じゃないかって感じがするので、今後短い本出すならそっちに期待したいところ。本音を言うと、長いのが読んでみたいところですが。そんな感じでした。





・「幽幻と微笑の紅茶」(零式エルゴ領域)

稗田阿求というのははたしてほんとうに人間として立っているのだろうかと考えると、自分の感覚では疑問が残る……このへん突っ込むと今考えてる別方面のネタにぶつかっちゃうのでここで退くけど、まあ素直な話、阿求って人間じゃない気がするんだよなあ。

基本的に「東方にシリアスはありえない」と思ってて……だって、なんか変な設定くっつけなければ、だいたい誰もが既に平和の中に居て、そのまま平和に暮らしていくから。阿求も同様、予定された死だとか役割のためだけの肉体とか、そういうのぜんぶひっくるめて、彼女は既に平和の中に居る。

(やっべ、何言いたかったのか忘れた)

(まあいいや阿求の件は)

で、阿求は精神的に妖怪の側に居る、という考え方で見ていると、ちまたの阿求シリアス作品の多くは「死に際して人間になる話」か「何らかのきっかけで人間になる話」に見えてくる……「蓬莱人 稗田阿求」はどんなだっけな……あれ読んだのかなり昔だからな……。





・「霧雨ちゅっちゅ蒐」(チタンあるみナイド)

なぜ霊夢は魔理沙とちゅっちゅするのか? そこに理由など要らないのである。なぜ咲夜と魔理沙はちゅっちゅするのか? そ こ に 理 由 な ど 要 ら な い の で あ る っ !

ちゅっちゅさせるのになんかいろいろ理由をくっつけるのもいいけど、そんなん完全スルーしてとにかくちゅっちゅ! とかくちゅっちゅ! させてるのも楽しめる心があるほうが生きやすい。ほどよい温度のほのぼのちゅっちゅを書いてみたいものである……。

東方SSメモ93
 創想話無印で面白かった作品を、作品集ごとに個人的にメモする記事、作品集93にて。


○『Q.E.F.』(みかんの国の住人氏)
 『東風谷早苗が解けない式』
 『藍の証明』
 『巫女に羽』
 『魔法の嘘』
 『貴方と彼方のカタルシス』
 今は「転校」してしまい、別名で元気にやってる某氏の……別名も含めて、現時点では代表作というか、オススメ作品といっていいんじゃないかなと個人的には思う作品。
 というのも、このひと、『縦』の思想で作品を描くひとってイメージがあるのです……もちょい一般的な言い方をするなら、『アフターもの作家』かな。『アフターもの』について簡単に言うと、未来……つまり、『今のあと』を描いたものなんだけど。ここで言いたいのは、描くキャラクターの内面に、縦方向──すなわち未来や過去を織り込んで書くことが当たり前になってるってこと。これを常にやってる感じのひとって、実は意外と珍しいと思う。多くの人は、「今」だけ……あるいは「過去」「未来」だけに焦点を当てて書くから。

 で。
 上にあるとおり、シリーズは通して五作品です。この五作品、単純に続きものというよりは、ある出来事、ある「流れ」について、観察する場所を変えてみたためにこうやって分かれた形です(だいたい)。散りばめられたパズルのピースが組み合わさった時のカタルシスもたまらんのですが……これによって、『縦』に加えて『横』にも広がりを持ち、すなわちこの作品には、この作品の『世界』が形作られているのです。これが素晴らしい。

 キャラは主に、藍(らんさな)、霊夢、魔理沙になるんでしょうか。多角的に描かれているために、氏の作品の中ではわりかしわかりやすいものになっています。
 これもまた氏の作品の中でオススメする理由でありまして……そう、わかりやすいんです。この後、氏は名前を変えてそれまで以上にフリーダムな方向に突っ走っていき、ちょっと初心者向けじゃなくなってるというか……この作品にも垣間見られる、淡いイメージ。それがどんどん拡大してってる感じで、それら比べて、このお話はかなり、掴みどころがある。
 ただこの淡さは、すごく優しい淡さ。すごくすごく、優しい世界……いや、世界というよりも、繋がり、連なりでしょうか。ほどよいわかりやすさ、すなわちほどよいわかりにくさもあいまって、優しさが何よりも残る、そんなお話です。

 また、個人的な感想になるのですが……霊夢や魔理沙というキャラクターが、すごく自然に描かれてると感じられる。たぶん、この二者の描き方について波長があってるんだと思います(本筋はらんさななのだけどw)。積み上げ的には魔理沙、直感的には霊夢がかな……積み上げで霊夢を描いてったらもうちょっと別のものになるかもしれないけど、でもなにはともあれこの霊夢はかなり近い。非人間的なように見えて、どこまでも人間。対して魔理沙は、境界にいて……そして最後には、別のものになるという気がしてならない。まあこれはおいておこう。



『博麗霊夢と愉快なフラストレイター達』(詩所氏)
 なんかいろいろあって、皆が欲望を制御できなくなる事件が発生、霊夢と慧音が解決しにいくぜって話。コメディというよりコミカルな印象だけど両者のどこが違うのかは知らない。
 ギャグに関して詳細に解説するのもなんかアレなんで、とかく面白いぞーという。欲望と書いて欲し望むもの、各キャラのそこらへんを肥大化させた壊れキャラがなかなかにラブリーなのです。霊夢一人称の地の分も含めてギャグの切れがよく、すとんすとんと読める……個人的なベストフィットは、ここからさらに二割ほど削った文章かなという印象なのですが、それでも心地よく読めるリズムです。欲望解放ネタだとなんとなくカップリングに流れやすいかなーと勝手に思ってるのですが、その制御も含めていい感じ。オススメのギャグ作品です。



『眠れないとアリスが言ったから』(歪な夜の星空観察倶楽部氏)
 アリスとはなんなのだろうか──と考えてみると、あまりに、あまりに広く在る可能性に、途方に暮れるものです。真っ白な世界。地平線だけがただそこにあって、太陽すらないのに不思議と明るい、どこまでも続いていく世界に、ぽつんと置き去りにされたような。アリスというのはそういうキャラクターと思っています。
 アリスというキャラの表現に関しては、氏の右に出る人は殆どいないと思っているためか……過去捏造ではなく、語られない公式設定を語られたかのような。このお話について印象を語るなら、そんな感じ。
 ところで、元人間説って求聞史紀で出ていたんでしたっけか……個人的には阿求資料についてはそこまでもう気にしてないというか、気にするアプローチをちょっと斜め方向のものにしちゃってるので、そこらへんはどうでもいいのですけども……あれ、元人間説ってあんまり信憑性ないってのが界隈の全体的な認識なんでしたっけ? 私自身、元人間説の方向に傾いててそっちばっかり考えてるので、ここらへんの感覚が曖昧なのですが……まあそれもあってか、このお話はするするするっと入ってきました。



『雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ、冬ノ寒サニモ負ケナイ、ソンナ上海ニ私ハナリタイ 』 (超空気作家まるきゅー氏)がとても読み心地の良いマリアリでした。
『ムーン・クラッカー』(ロディー氏)が妙にしっくりきた。
『小悪魔の当然』(超空気作家まるきゅー氏)のこぁがかわゆい……。
『夢現万華鏡』(えび氏)には、すごく落ち着いた、それこそゆめを見ているような淡い空気を演出できているなあと感心させられました。
『今はもうない』(ぜろしき氏)はなかなか面白いアイディアの短編だったかも。
東方SS投稿な報告「ドツボアリス。」
 あい投稿してたんです。

 今回は18kbくらいだったろうか……わりとスピード重視だったかも。一時間くらいでプロットというか、わりかし詳細にあらすじ書いて、それを元にだいたい三時間くらいで書いた。たぶんこれに見直しが三十分くらい必要になる。20kbをこのくらいの時間でかけるなら自分的には許容範囲……。

 あと今回は、あんまり露骨にキャラ壊さない方向でコメディ書いてみようかなーと思い始めた第一歩のような気がしないでもないです……これそこまで壊してないよね……?
 まあなんとかかんとか、難しい。次は秘封廃墟かレイマリかさとこいです。たぶん。
東方SS投稿な報告「BOM BOM DREAM」
 投稿してましたー。

 まあ、うん、アレです。
 ついカッとなってやった。
東方SS投稿な報告「つまらない、日々。」
 投稿していました。

 あやれいむがブームっぽかったので、私もなんかあやれいむ書きたいなーと思って、たったかたったかPC叩いてるうちになぜかこんなんなってました。どうしてこうなったのか、このお話の根っこがどういうものだったのかに関して気づいたのはなぜか投稿してから数時間後だったりします。うぬぅ……。

 もうちょっと、いろいろ、自分なりにどうにかしていきたいと思うので、どうにかしていきたいです。たぶんつぎはレイマリか秘封廃墟……。
東方SS投稿な報告「アリスさんと霊夢さんのなんてことない半日」
 ハーイ投稿してました。

 このしたネタバレ。

more »

東方SS投稿な報告「はらり、はらり」
 実は投稿していました。

 作家チャットで、お題「ダイナソー竜崎」(あるいは「百合」)のときに考えて結局投稿できなかったウワアアアアアアアンなおはなし。
 とかくフランドールで書いてみたいなあと思った。たしかこれ考えてたの三月頃だっけ……とすると、前回夜伽コンペに時間あれば出そうかなと思ってた紅魔館モノの流れを汲んでいるかと思ったがよく考えてみるとぜんぜんそんなことはなかった。

 紅魔館はもっと書きたいと思ってるのですが、長編以外ぜんぜん浮かばなくて先延ばし延ばし。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。