くるくるばたばた

主に東方SSの解説や感想と、稀に漫画とかラノベとかその他。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第四回東方SSこんぺの話
 今さらだが、こんぺで面白かった作品をメモっておこうというわけだな!

『Change!』(deso氏)のドリル霊夢さんが好い。
『激突! 幻想郷妖怪VS伯剌西爾妖怪(大嘘)』(日間氏)が小気味よい。
『重力井戸』(NEW試固型文氏)がお話的にとても好み。
『百文は一見に如かず』(ZID氏)が、ちょっと消化不良感あるけどふつうに楽しく読めるほのぼのパッチェさん。
『ドーナツの美味しい食べ方』(時計屋弐号店氏)は、やっぱりちょっとスパッとまとまりすぎな感あるけど、素敵なルーミアと「穴」の話。
『長め:霊夢と魔理沙の物語』(スミス氏)は、ちょっと荒すぎる感あるけど文章に味あり。
『Spirited Away』(反魂っ!氏)のラスト一文の素敵っぷり。

スポンサーサイト
第五回東方SSこんぺの話
 今さらだが、こんぺで面白かった作品をメモっておこうというわけだな!

『夢現、北斎百景夢百景』(反魂氏)の卯酉東海道を拡張してる感が見てて面白い。
『あんまり変わってないんじゃない』(藤村流 @ O-81 氏)が、霊夢と魔理沙をとても素敵にそして上手に描いてると思う。
『きかいなはなし。』(人比良氏)が、上手くまとまった掌編な感。
『湖の蛙、大海を知る』(今氏)の一場面が美しく頭に浮かんでしまったので私の負け。
『探し続けていた男』(乳脂固形分氏)がわりと視界外からの一撃というか目の付け所が面白い。
『毒酒言祝マザーグース』(¥198氏)が、メディというキャラの珍しさも含んでだけど、ありそうで無いアプローチ。
『紅美鈴に関するいくらかの伝記的事実 ~ We love Meiling!』(つくし氏)は微妙に力任せなところもあるように感じるけどしかしうめぇ
『向日葵達の笑い声』(只野 亜峰氏)の軽快なノリが悪くない。
『蓬莱に駒、半獣に薬』(八重決壊氏)が、すこーし固いのとあと蓬莱の薬による不死というのを簡単に侵し過ぎな気がしなくもないけど、それを差し引いても結構な良作。
『嘆きの歌』(藤村流 @ O-81氏)が意外なほどにスパッとキれてる。
『『Alice』』(宵闇むつき氏)が二人のアリスを丁寧に描いた良作。
『おにんぎょうのロンド』(綺羅氏)が、とても『綺麗』というか、美しいお話。
『少如群像』(俄雨氏)における人間キャラの描きっぷりが好き。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。