くるくるばたばた

主に東方SSの解説や感想と、稀に漫画とかラノベとかその他。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読書メーター2012/10
2012年10月の読書メーター
読んだ本の数:24冊
読んだページ数:8197ページ
ナイス数:13ナイス

ムシウタ    13.夢醒める迷宮(下) (角川スニーカー文庫)ムシウタ 13.夢醒める迷宮(下) (角川スニーカー文庫)感想
強引だなぁと思いつつまあいいかと思えてしまうのが中毒者たる所以である。しかし正直愛里衣についてはもうちょっとうまくというか効果的に描いて欲しかった……! これ一冊使っていいくらいにわりと深い話だと思うんだが……。
読了日:10月28日 著者:岩井 恭平
ムシウタ  12.夢醒める迷宮(上) (角川スニーカー文庫)ムシウタ 12.夢醒める迷宮(上) (角川スニーカー文庫)感想
再読再読。霞王に萌えながら。
読了日:10月28日 著者:岩井 恭平
ムシウタ11.夢滅ぼす予言 (角川スニーカー文庫)ムシウタ11.夢滅ぼす予言 (角川スニーカー文庫)感想
再読中。なかなか強引だけどもひとまずすべてを明かすとなると致し方ない。盛り上げどころが盛り上がるのがシリーズの力。
読了日:10月28日 著者:岩井 恭平
ムシウタ  10.夢偽る聖者 (角川スニーカー文庫)ムシウタ 10.夢偽る聖者 (角川スニーカー文庫)感想
再読中。作品の一部としてわりとバランスがよいというか、巻き込む人を増やしながら決定的なトリガーもきっちり供給している感があって、緊張感を保ててるというのかな、八巻なんかよりも「次に何か起こりそうだ」みたいな感覚を与えている。九巻に引き続き。
読了日:10月28日 著者:岩井 恭平
ムシウタbug  8th.夢架ける銀蝶 (角川スニーカー文庫)ムシウタbug 8th.夢架ける銀蝶 (角川スニーカー文庫)感想
再読中。「ひっくり返し系」の話って実はあんまり合わないというかそんなに面白く思えないことが多いのだけど、この話だけは完全にやられた感あって初めて読んだときはわりと呆然としてた記憶がある。
読了日:10月28日 著者:岩井 恭平
ムシウタbug    7th.夢高まる鳴動 (角川スニーカー文庫)ムシウタbug 7th.夢高まる鳴動 (角川スニーカー文庫)感想
再読中。もっとみんな萌えキャラ化するべきだったのである。利菜が登場していて個人的にはわりとおなかいぱい。そしてアリスのヒロイン力がそろそろ取り返しのつかないレベルに。
読了日:10月28日 著者:岩井 恭平
ムシウタbug〈6th.〉夢恋する咎人 (角川スニーカー文庫)ムシウタbug〈6th.〉夢恋する咎人 (角川スニーカー文庫)感想
再読中。アンネも愛里衣もねねももっと萌えキャラ化するべきだったのである。……その機会が不完全ながら本編で戻ってくる可能性は実際ある?
読了日:10月28日 著者:岩井 恭平
ムシウタbug〈5th.〉夢まどろむ迷子 (角川スニーカー文庫)ムシウタbug〈5th.〉夢まどろむ迷子 (角川スニーカー文庫)感想
再読中。愛里衣登場に摩理顕界と、bugにおいても特異な人気を持つ巻のような気がする。アリスに加えこの辺のキャラのヒロイン力が高まりすぎてふたるさんの危険が危ない。
読了日:10月28日 著者:岩井 恭平
ムシウタbug 4th. 夢並ぶ箱船 (角川スニーカー文庫)ムシウタbug 4th. 夢並ぶ箱船 (角川スニーカー文庫)感想
再読中。アリス力が高まる。
読了日:10月28日 著者:岩井 恭平
ムシウタbug 3rd. 夢狙う花園 (角川スニーカー文庫)ムシウタbug 3rd. 夢狙う花園 (角川スニーカー文庫)感想
再読中。基本的にこの巻からbugのキャラ萌え攻勢が始まってる感。すなわち御嶽アンネリーゼ。キャラ単体としてはわりとシンプルなのでこの巻だけで七割がた書けてしまっている感あるのがつらいが、他キャラとの絡みでまだまだ可能性がある。があんまり絡まない。
読了日:10月28日 著者:岩井 恭平
ムシウタbug 2nd.夢囚われる戦姫 (角川スニーカー文庫)ムシウタbug 2nd.夢囚われる戦姫 (角川スニーカー文庫)感想
再読中。ハルキヨってそういえば本編では最近までほとんど出てきてないんだけど、bugのせいでそんな気は全然しない。
読了日:10月28日 著者:岩井 恭平
ムシウタbug―1st.夢回す銀槍 (角川スニーカー文庫)ムシウタbug―1st.夢回す銀槍 (角川スニーカー文庫)感想
再読。掘り返してゆく物語。bugと本編どちらからまたどのような順番で読んでいくのかというのはなかなか難しいところであり、またこれを難しくしているのはどのような構成であるのか抽象的に引っ張り取れないかなとたまに考えてみて特に結論は出さない。
読了日:10月28日 著者:岩井 恭平
ムシウタ09 夢贖う魔法使い (角川スニーカー文庫)ムシウタ09 夢贖う魔法使い (角川スニーカー文庫)感想
再読中。赤瀬川七那のお話はbugを読んでこそだよなぁと今にしてみると思うがどうやら別にこの巻、bugが完結してから出たというわけではなかったという。かつてはどのように読んでいたろうか。さりげに家庭教師がいる。
読了日:10月28日 著者:岩井 恭平
ムシウタ〈08〉夢時めく刻印 (角川スニーカー文庫)ムシウタ〈08〉夢時めく刻印 (角川スニーカー文庫)感想
再読中。実はわりと異色というか、個人的にちょっととっかかりにくい巻だったりはする。たぶん後のお話へのつながり方がやや弱いというか、要するにメイン張ってる人たちの結末がアレなため。
読了日:10月28日 著者:岩井 恭平
ムシウタ 07 夢遊ぶ魔王 (角川スニーカー文庫)ムシウタ 07 夢遊ぶ魔王 (角川スニーカー文庫)感想
再読中。この巻にでてくる二人もけっこうすごいキャラ。かっこうさんの影が薄いのもあってかなんとなく六巻と対なような感覚があるような無いような。たぶん無い。
読了日:10月28日 著者:岩井 恭平
ムシウタ 06 夢導く旅人 (角川スニーカー文庫)ムシウタ 06 夢導く旅人 (角川スニーカー文庫)感想
再読中。ムシウタ三大いなくなってしまったキャラのお一人。とても鮮烈で好きな巻のひとつだったり。だいたい好きだというのは秘密。この人の現役だったころの話って何気に求められてると推測するのだけど、スニーカー(雑誌)がなくなってしまった今……。
読了日:10月28日 著者:岩井 恭平
ムシウタ 05.夢さまよう蛹 (角川スニーカー文庫)ムシウタ 05.夢さまよう蛹 (角川スニーカー文庫)感想
再読中。第一部完的な。姉キャラ力。つまり愛なのだ。
読了日:10月28日 著者:岩井 恭平
ムシウタ04 夢燃える楽園 (角川スニーカー文庫)ムシウタ04 夢燃える楽園 (角川スニーカー文庫)感想
再読中。正確には三巻からだけど、このあたりから群像劇臭が強くなっていく。かっこうさんの出番も薄くなっていく。
読了日:10月28日 著者:岩井 恭平
ムシウタ03 夢はばたく翼 (角川スニーカー文庫)ムシウタ03 夢はばたく翼 (角川スニーカー文庫)感想
再読中。昔はなんかムシウタはこの巻から特に面白いと言っている人が多かったような記憶が無きにしも非ずだけど、個人的にはこの巻もまだ準備巻、ほぼ前後編みたいになってる四巻五巻へのエネルギーを溜めているように見える。
読了日:10月28日 著者:岩井 恭平
ムシウタ〈02〉夢叫ぶ火蛾 (角川スニーカー文庫)ムシウタ〈02〉夢叫ぶ火蛾 (角川スニーカー文庫)感想
再読中。ぼくたちはそろそろ妹系第二ヒロインとして登場したはずの千莉のことを思い出すべきなんだ(必死)
読了日:10月28日 著者:岩井 恭平
ムシウタ〈01〉夢みる蛍 (角川スニーカー文庫)ムシウタ〈01〉夢みる蛍 (角川スニーカー文庫)感想
再読中。設定部分とかわりとごっすんごっすんするがご愛嬌、脳内で処理する。bugの中身も脳内で読み込みつつ。
読了日:10月28日 著者:岩井 恭平
ムシウタ 00.夢の始まり  (角川スニーカー文庫 163-30)ムシウタ 00.夢の始まり (角川スニーカー文庫 163-30)感想
十三巻を経て再読。利菜に関わった人物の再登場はあるのかなぁ。
読了日:10月28日 著者:岩井 恭平
暴風ガールズファイト 2 (ファミ通文庫)暴風ガールズファイト 2 (ファミ通文庫)感想
再読再読。
読了日:10月28日 著者:佐々原 史緒
暴風ガールズファイト (ファミ通文庫)暴風ガールズファイト (ファミ通文庫)感想
再読再読。気持ちの良い物語を構成する要素を考えつつ。
読了日:10月28日 著者:佐々原 史緒

読書メーター
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。