くるくるばたばた

主に東方SSの解説や感想と、稀に漫画とかラノベとかその他。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東方同人誌感想「博麗霊夢と幸福論」
(いつぞやのついったーに流した感想メモ)


幸福論の冒頭って、ようするに、ぼくらだよね。

あれは或る霊夢スキーの祈りにしか見えなかった

しかして同時に、八雲紫ですらある。紫が、いるのだ。私たちと同じようにただただ霊夢を想い、霊夢の幸せだけを考えて、霊夢の幸せを自身の幸せとするに至ったものが。ならばこの物語は、そこで既に終わっているでしょう。ここは私たちでなく、彼女の祈り場だから。



よーし幸福論読み終えたがよくわかんない! なにがわかんないかもわかんない! ごめんちゃい!

冒頭。紫=作者=ぼくら=報告者(この作品内での役割でなく、作品の、物語の綴り手として。あるいは創り手として)。むしろ後書きから引用してきたほうがわかりやすいかもしれませんねここは。

冒頭において、紫=ぼくら(二次創作者)と思って読むのはかなーりわかりやすいとっかかりなので、胸に留めておいていいような気はする……というかそれが理解できないなら、ちょっと楽しみ方が限定されてしまうような気がするけどいやむしろそう思うからこそ限定されるんでしょうかね。

幸福であって欲しい。そんなお話を書きたい。とはいえ、それは酷く難しいことで、霊夢について考えた先に必ずハッピーエンドがあるとも限らなくて、むしろバッドエンドばかりがそこに立ちはだかっていて、どうしたらいいかわからなくなることはありませんか?

ああしてこうして、手を変え品を変え、彼女の周りの様々な変数に手当たり次第に値を突っ込んで、結果を見て落胆して、それでもどうにかして幸せなお話を書きたいと願う。……しかしですね、これをやると、土台が揺らぐのです。霊夢の周りだけでなく、霊夢そのものを変数と化してしまう。

これは幸福論よりかは、二次創作者の側に立った思考かもしれませんけども……しかし、大なり小なり、揺らぎは生じてしまうと思うのです。もし、周りを変えても博麗霊夢は微動だにしないと言い切れる人がいるなら、それはすごいと思う。素直に。私には難しい、というか無理だ。

(どこまでを「霊夢」とするか……環境によっても人は変わる。まあ些細なことなのでここでは触れませんけども)

さてその揺らぎの中で、どこからどこまでが霊夢を規定するのか? 『博麗霊夢とは何者なのか?』 平行世界という無限性に手を出した時点でこの問いに答えることはもちろん不可能に近くなるのですが……。

おそらく一般的かつ妥協した解として、「すべてが霊夢である」という方向に、少なくとも私は落ち着きます。落ち着かせざるをえない。すべての霊夢を霊夢と認め、信じ、愛するという解。それは当然ながら、「博麗霊夢はどこにもいない」という認識をも映し出します。

冒頭に関してはこんな感じと……あと二点。一つはつまんないこと……「笑わせようとすれば」「安らげようとすれば」「眠らせようとすれば」「あえて不幸を取り除かずに」のあたりは、収録された四編に対応しているのかしら。

もう一点は、「博麗霊夢がいない」ことへのもう一つの解釈……なのだけど、これちょっと自分が書く予定のSSのネタに食い込む部分があるので放置。

でまあ、萃香アリス文魔理沙の四編に行くのですが……えーと、ここでたぶん抑えておいたほうがいいのは、「霊夢は根本的に孤独である」ということ。

(あーくそ、一読だと特に前半部分は関連付けて読めてないなあ。記憶力ェ……)

(あるぇー萃香の話で寂しさについて言及した箇所があったような気がしたんだけど)

(萃香が「ひとりはさみしくないの?」と訊くところと、萃香がいなくなったところかな。まあそれはひとまずいいんだ)

背景設定としての「霊夢の孤独」。 これは私の霊夢観というか、霊夢のお話を書いてる多くの場合において前提となっているのでわりとすぐにピンときたというか捏造解釈したのですが、これ、霊夢はほっとくとひとり死ぬんですよ。ひとりだけ人間のまま死んで、他の者達は何事もなく続いていく。

分かたれているのですね。霊夢という人間と、それ以外が。初めは一人。一人きりなのです。だから作中では、誰かと共にある姿が描かれることになる。

すべての話は魔理沙がアリスに結婚を申し込むことから始まるのですけども、この「結婚」というのも象徴的ですよね。萃香の話では、他の話に比べてフラットな愛情、誰かと共にいることと、一人きりであることがストレートに描かれていて、最初に相応しいものだと思います。

”元に戻っただけだ。初めから、一人だった。一人きりの家だった。”──ストレートなのです。アリスの話は、ここでは満たされなかった「身を焦がすような恋路」のかたちとして描かれ、それは文の話も同様なのですけども……アリスと文の話に至るには、そういう事情での紫の観測域変更があった。

では萃香の話に至るまでの変更には、どんな事情があったのか……正直確信は得てないのですけども、関連あるとしたらこの辺かなーという。

あとそうだ、前提条件、「霊夢の孤独」について。すべての話が、「魔理沙がアリスに結婚を申し込む」ところから始まるのが象徴的で、つまりここにマリレイはねーのです。マリアリです。魔理沙は当然のように人間をやめるということが、少なくともここにある、すべての話で規定されているのです。

咲夜と早苗はどこにいったか? たしか文の話だったと思うけど、「人間のお客さんなんて魔理沙くらい」みたいな話があった気がするのですね。早苗はもう神様。そしておそらくこの作中では、咲夜も人間をやめているのかなという。

萃香の話は……「結婚」をストレートに映して……一人きりという霊夢の孤独を証明かつ反証している……(まとめ  ああそれと、紫の「次の機会」ってのがあれですね……霊夢の唯一性を放棄してる言葉だよね……作中内の事実としては、いちおう、「観測域の変更」のはずだから……

「次の」という言い方が、あるいは本当に縦方向に(この作品は横方向の無限性)繋がっているのなら、それは救いであるのかもしれません……そう、ヨコに対抗するのはいつだってタテなのです……

でも紫の観測域変更だと、タテにつながってるのは紫だけなんですね……残念、やっぱり霊夢はどこにもいません……


※(ここで一日中断。ここから翌日朝)


えーと、昨日の続き。参、アリスさんのおはなしですね。なんかこれどっかで見たことあるなーと思ったのですが、夜伽に以前投稿されたやつを改稿したやつっぽいです。霊夢タグであさりまくってたときに軽く目を通したっぽい。

しあわせに恋をして破れてぐっちゃぐっちゃーんとなるおはなしです。幸福(笑)。このお話では、八雲紫さんのねじれっぷりと、「博麗霊夢と幸福論」というお話のエグさが現れていると思われるのですが、初見の私は、むしろ救いのあるお話だなーとすら思ったりもしてたのでした。

どういうことかというと。冒頭部分に関してつれづれった段階で、八雲紫=二次創作者の視点を持つととっかかりになるかもーみたいなことを書いたのですが、そこはまあ八雲紫、「こっち」と「そっち」のあいだにいるひとなのですね。

このお話のように、作中キャラクターとして霊夢を救済できるという、とてもとても羨ましい立場にあるひとなのです。これが私などなら、「ここまでお話ができてしまった」以上、もうなかなか厳しいものがあります。なんも考えずにやったら霊夢は自殺するか魔理沙に殺されるかなあ……。

あるいはそうだ、霊夢が死んだら困るということで紫か何かによって魔理沙とアリスがブチ殺されるかもしれません。ここからハッピーエンドは……まあやれないこともないのかもだけど、きっついよね……。そこらへん八雲紫は、自覚的かつもう少し穏やかなデウスエクスマキナと化すことができるのですね。

まあようするに初見では、「なんかこういうことになっちゃっても紫がギリギリのところでなんとかしてくれるぜ霊夢さん幸せだひゃっほーい!」的な印象を得たのです。もちろんそんなことはありませんねワロス

後に記されるのですが、博麗霊夢の失恋と暴走を『楽しく』見守っていた八雲紫さんですからね。ここらへんもう一度紫の視点に立って考えてみるとすげーわかりやすいですけども。この八雲紫の情感は言葉にしてみると矛盾しているようだけど、間違いなく存在しうる。だってぼくらがそうですからね。

なるほど可愛そうと可愛いは同じなのですね。『これ以上なく愛しい』博麗霊夢の失恋と暴走を『楽しく』『哀しく』見守る存在。この感覚がわからない人ってのはやっぱいるんだろうか……同じような例としては、ヘルシングの少佐の演説を連想します。「諸君 私は戦争が好きだ」で始まるアレね。

その一節。「露助の機甲師団に滅茶苦茶にされるのが好きだ 必死に守るはずだった村々が蹂躙され女子供が犯され殺されていく様はとてもとても悲しいものだ 英米の物量に押し潰されて殲滅されるのが好きだ 英米攻撃機(ヤーボ)に追いまわされ害虫のように地べたを這い回るのは屈辱の極みだ」……。

そのすべてを愛しいとおしみ楽しみ悲しむ感覚。戦争に勝つことだけを愛するのでなく、戦争そのものを愛するということ。無残に打ち砕かれ守るべきものが蹂躙され屈辱に膝をつくそれもまた戦争の一部であり、心から悲しみながら、愛し楽しむという……そういうものがここにありますね。

「博麗霊夢と幸福論」における八雲紫も、イメージ的にはだいたいこういうものかと思われます。この参にして惨の話の霊夢を悲しみながら楽しみながら見守り、そして最後に手を差し延べるのですが、もちろんどこかに手を差し延べない話もあるでしょう(←これがこの話に救いのない所以でもある)。

(再現される林檎のリボンは悪意なのか善意なのか。善意と信じられるならば、あるいはそれは救いなのかもしれないけれど。悪意を疑ってしまう程度に、八雲紫に自分を同調させてしまっているならば……そのままだと、このお話に救いを見出すのは難しそう)

(ここらへん、紫色のクオリアに比して救いが無いと思えるところ……まあこれは向こうに比べていろいろメタってるし条件も違うけどそこらへんきっちり考えるには眠い。しかし少なくとも、紫色のクオリアでは、この林檎のリボンは間違いなく善意なのですよ……)

惨たらしい話についてはひとまずこのくらいなのでしょうか……あ、お話そのものについては、レイマリアリ+紫絡みのレイプものとか大好きなんですごく楽しめました。特にレイマリのような「人間組」がボロボロになるお話は超好きなのです……(まさに紫

そして追われる恋路、おめでたい話に続きますという……(ねむねむ。今日はここまで……


※(ここで一日中断。ここから翌日朝)


制限時間十分くらいで追われる恋路のお話。結婚、のお話。

エロいお話(個人的にはアリスのお話の方がエロ部分は好き。だって霊夢がぐちゃぐちゃだし)。 霊夢がまっとうに幸せになることを予感させるおはなしで、なんとなく萃香のそれと似通ってる感があるかもですね。何が違うのかというと、まあ、エロいですよね。

萃香の話との違いについてもちょい詰めて言うと、萃香が子供っぽい感じで、文は嫁さんだか旦那さんだかな位置づけっぽい感じなのが。このへんたしか、萃香の話に萃香:子供的な印象をわりとそのまま植え付けてくる台詞だか描写だかがあった気がする。制限時間あるので確認はしない。

対して文は、まあ文の話そのものが追われる恋路をキーとしている部分があるので……そう、恋。恋愛なのですね。だからエロい(どーん)。 だから子供の話も出る。そしてこれ以上なく健康的に「結婚」をするこの舞台で、「妖怪だから先に死ぬことは無い」「最後までばっちり写真に収める」という

霊夢に対する結婚の、この作中での意味合いみたいなものがこのお話で示されていると受け取っています。んで、子供の話も出るのですね。霊夢と文の子供。ここまでくると自然、これまでの三つの話が霊夢の幸せを描くパズルのピースだったのではないかという想像がなんとなくですね……

子供と一緒に、のんびりと日々を過ごすこと。愛すること。愛されること。それは何を分解したものか……とまあ仮定なのですが、それに沿うならば、やはり「最初」だろうかと直感しますよね。壱ですよ。∞ではなくて。なんか萃香の話への理解が以前とは変わってる気もしなくもないけど知らん

大雑把だけどよっつめの話はこんな感じ……(ねむねむ。今日はここまで……

明日の私へのヒントとして書いておくと、いつつめの話はその否定ですね……それらすら否定。幻想郷はすべてを受け入れる。


(感想はここで途切れている)




(その他、いつかの私が残したメモ)

燃えるような恋
次の機会


リンゴとリボンのファクター

ただ追われることを望んだのかもしれなかった

子供を作るという幸せ

わたしはもう助けて上げられないかもしれない

人と妖

冒頭と四作の対応

P132 すべてを受け入れるとはそういうことなのだ

バカみたい。愚かなほうが幸せなこともありますわ。

魔理沙はアリスを好いている


萃香は子供

霊夢はかつて幸せだった


(メモはここで途切れている)


コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://kurubata.blog58.fc2.com/tb.php/1128-15330608

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。