くるくるばたばた

主に東方SSの解説や感想と、稀に漫画とかラノベとかその他。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東方SSメモ77
 まあ、既に作品集78が埋まって久しいんですが。
 こんぺをはさんで読むペースが遅れたなあ。

・「ダンスホール」
 何はともあれ作品集77はこれ以外に無いです。
 紅魔館、というか咲夜とレミリアはいつか書きたいと思ってるのですが、心を強く持たないと勝手に目標にして勝手に潰れそうです。これを越えたと、少なくとも自分がそう納得できるものを書きたいです。それくらいに高くて、遠い。

・「パノラマ郷綺譚」
 文体がそれっぽいなあ、と思ってしまう私はたぶん単純な部類。文体というか、それも含めた作品の雰囲気が、なんとなーく昔っぽい雰囲気を演出していて、これは参考にすべきところなのかもなあとか。
 お話そのものも、単純ではあるけれど、原作にしっかり繋げて魅せる。ある種の安心感。現時点で2000点いってないけど、このお話はもっと評価されていいと思うなあ。

・「日月精の呼空天」
 香霖堂の原作を未読な私だけど、これは原作っぽいんじゃないかなとなんとなく思ってしまうような作品。さわやかハーレムメイカーというよりも、どこか間の抜けたキバヤシさん。
 全体的に角が少なく、レベル高くまとまってる作品と思います。


 他にまず一つは、「夢幻の篝火」が。シリーズとしてはそこまで好みではない(なんとなく香霖堂のイメージがうんぬん)けれど、これ単品としてすごくいい感じでした。
 もう一つは、「冷やしドロワーズ」が。早苗さんに求婚したのはもしかしたら私だったかもしれない。
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://kurubata.blog58.fc2.com/tb.php/1172-507760bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。