くるくるばたばた

主に東方SSの解説や感想と、稀に漫画とかラノベとかその他。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東方SSメモ78
 作品集79はまだ埋まってない……さあ追いつきつつあるぞ(`・ω・´)


・「アーリーデイズ (上) 」(十把ひとからげ氏)
 早く(下)を読みたいいいいいい!
 キャラ解釈の新しさが面白い。ちょっと、あるいはかなり長いけど、読む価値は間違いなくあるです。妖忌と幽々子のキャラが新鮮ですよ。おそらくは見知った結末へ、しかしどのようにしてたどり着かせるのか気になります。この作品集で二番目に好きな作品。

・「自称私立探偵○○○ 最後の事件」(胡椒中豆茶氏)
 イロモノではあります。少し読んでブラウザを閉じる人がいるのもわかります。そういうのが肌に合わない人がいるのはわかります。
 でも、そういうところ以外は、もうまったくお利口な読み物です。お手本にしたいくらいに良くできてます。そういうところが気にならなかった、むしろ気に入った私としては、すごく面白いものでした。ということでこの作品集で一番好きな作品です。

・「宴会の裏側にて」(夢宮氏)
 タイトルそのまんま。だがいい、これはいい。こういうのもまた宴会の醍醐味ですよね。この作品集で三番目に好きなのがこれです。

・「ネクロファンタジア2009 ~ムクロノウエ~」(aho氏)
 氏の作品に関しては、個人的には、世界観とは波長が合うけれどキャラと波長が合わない傾向にあるなあという位置づけだったりします。今回は黒AQNが長々と世界観について語ってくれたから、全体的に普段よりも波長が合ったなあというような感じだったり。お話よりも設定を楽しんだように思うのは気のせいに違いない。

・「スクール水着姿が可愛かった、早苗の昔話。」(反魂氏)
 某合同誌でもそうだったけど、なんというか、ナチュラルッぷりがひどい。着こなしてるというか、まったく自然に、変にエネルギーを消費せずにやってる感じが。


 あとは、「ボクモ、アタイモ、ムービースター☆」(ネコロビヤオキ氏)がまさに二次創作!って感じで良かったのと、「酒と妖と其の名の力」(ネコん氏)が妙に説得力感じたのと、「秘封倶楽部の幽幻樂談」(ネコん氏)が面白い世界観を映し出していたのと、「Remember」(西風氏)の全体的にバッドエンドテイストな話運びが好みなのと、「幻想ナイトフライト」(みずあめ。氏)の紡ぎだす空気が実に好みだったりしました。
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://kurubata.blog58.fc2.com/tb.php/1173-3baf1212

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。