くるくるばたばた

主に東方SSの解説や感想と、稀に漫画とかラノベとかその他。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東方SSメモ79
 追いついた!
 そういえば少し前から創想話の作品に直接リンクを貼ることが可能になっていた気がしますが正直めんどくさいのでやらない。


・「稗田阿求とその飼い猫」(遠野はりま氏)
 これは続きが読みたいというかむしろ続きがあってこそ……ともかぎらないというかここで終わってるあたりに余韻があるのかそうなのか。
 個人的には、始まりのお話に見えましたが。いやはやしかし。

・「妹紅と輝夜のお話」(ネコマタ氏)
 これはたしかにちょっとばかしキャラが違うかもしれん、しれんけど、個人的には違和感があんまりないレベル。
 そしてそうなると、やっぱりこの文章にほれ込まざるを得ず。心理描写をきっちりやってるほうなのも好み。展開そのものも、「そうね、もういいわね」でちょっと(悪い意味で)寒気がしたと思いきや、そういう方向でもなく。いいなあ、と素直に思える、そんなSSでした。

・「全裸ごっこ」(智弘氏)
 この作品集で一番笑った。というか後書きもひどすぎるw

・「こまっちゃんのお話」(ネコマタ氏)
 これはたしかにちょっとばかしキャラが違う、違うけれど立ち込めるコメディな空気が緩和しててくれていてそもそもコメディだからそんなに気にするようなものでもないっていうかこの記事書いてて気づいたけど私はこの作者さんがわりと好きなのかもしれない。
 とぼけたコメディが所々面白いです。というかキャラの崩し具合からしていい。コメディとしてかなり好きな部類かも。


 ほかには「紅い体験版」(冬扇氏)は安定して笑えるなあ本編マダーとか、「人形人形遣い遣い」(まのちひろ氏)がいい感じのアリスだなあとか、「黒い瞳」(つくね氏)がそつなく面白かった(こんぺだったら4点か5点付けてたかなとか、へこんでるところは無いけれど何か突出した特徴というか強みがあっただろうかと言うともにょもにょとか、お題が弱かったかなとか)でした。
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://kurubata.blog58.fc2.com/tb.php/1174-7b796c43

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。