くるくるばたばた

主に東方SSの解説や感想と、稀に漫画とかラノベとかその他。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東方SSメモ80
 読んデル読んデル。

・「夏は短し食せよ橋姫」(過酸化水素ストリキニーネ氏)
 はぁん、これ好きです。飄々としたノリ。腰の据わった落ち着いた書きっぷりも合わせて、安心して楽しめる二次創作。

・「レミリア様は本当に悪のカリスマなお方です。」(幻想と空想の混ぜ人氏)
 猫を虐待と噂に聞いて。
 ネタとしてはありがちっちゃありがち……だと思う、たぶん。でも不思議と面白いというか……こう、コメディに慣れてる作者さんというのもあるんだろうけど、なんとなく完成度の高さを感じさせるというか。「夏は短し食せよ橋姫」もそうなんだけど、洗練されてる、って形容が似合うかもしれない。

・「真昼の虹を追いかけて」(浅木原忍氏)
 しかしこの作品集で一番好きなのがこれだ!
 読み終えてまず思ったのは、この秘封倶楽部を、この世界観をもっと読みたいということ。後書きによるとどうやらそれは叶えられるようで、とても嬉しいです。
 サクヤさんが何の前触れも無く出てきて、しかしこのお話の中では回収されない。このように世界観、設定を臆面無く前に出せるのは、やはり年季なのかなあとかも感じます(作者さんはなのはBURNINGを書いた人です)。
 もしもこの世界観に何らかの意味を持たせてくるならば、と期待せざるを得ません。注目すべき人がまた増えてしまいました。


 ほかには「夢と知りせば」(戒氏)や、「イリュージョンスターズ」(バーボン氏)のお話作りが好みだったりしましたー。
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://kurubata.blog58.fc2.com/tb.php/1175-7144b463

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。