くるくるばたばた

主に東方SSの解説や感想と、稀に漫画とかラノベとかその他。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東方SS投稿な報告「巫女m@s!」
 投稿してきましたがとくにアイマスクロスというわけではない。
 以下ネタバレです。

 といっても疲れまくったのであんまり何か書く気は起きない……。
 すっさまじく気を遣って書いたつもりなんだけど特にわかってもらえない予感はしてるという。わりと自己満の域。タイプとしては、空想回帰をもうちょっとそそわ向けにしてけっこう繊細にしてみたかんじ。燃え尽きたよ……。

 わりと本当に好きというか得意なかんじなのはこういうのだったりするらしいかもしれません。そそわには向かない。
 以下参考動画。

アイドルマスター relations m@sturbation coda ‐ ニコニコ動画(原宿)
天海春香の本気。「私の秘密の部分…、全部みせちゃいます!」 ‐ ニコニコ動画(原宿)
【アイドルマスター】relations † Nightmare【PV&REMIX+α】 ‐ ニコニコ動画(原宿)
アイドルマスター 修羅場トリオ relations ‐ ニコニコ動画(原宿)



 あと、この下にわりと書いた人の読み方的なのが載っちゃってるかもしれないのでまあお察し
 ネタバレというかネタバラシになります。




















 鬱霊夢ちゃんかわいい→http://twitter.com/#!/utureim_bot
























[0:12:08] Shade: ええと、つまり
[0:12:16] Shade: タイトルが巫女m@sなわけじゃん。
[0:12:39] Shade: 元ネタのアイマスって、
アイドルマスター、つまり
アイドルの支配者、的な感じだよね
[0:12:57] Shade: で、そのアイドルを育てたりなんなりするのが
プロデューサーなわけだから、
マスターなわけだ。
[0:13:03] ぱっとれさん: まあそこは諸説あるといえばあるけどもね  わりとはっきりはしにあ
[0:13:19] Shade: だとすれば、だ。
このお話のタイトルはちょっと妙なことになる。
[0:14:00] Shade: なぜかってーと
霊夢をプロデュースする役を割り振られる紫に対して割かれている描写が、あまりにも少な過ぎる。
[0:14:24] Shade: しかも、紫が霊夢をアイドルとして「育てる」描写はほぼばっさりカットだ。
[0:14:56] Shade: つまり、巫女m@sのプロデューサー役は
この物語においては紫ではない、ということになる
[0:15:53] Shade: じゃあ、P役は誰かというと
これはもう魔理沙しかいないわけで
[0:16:16] Shade: けれども、魔理沙は
「アイドル」として霊夢を育てるわけではない
[0:16:36] Shade: やはり、そこは
巫女に回帰させるという意味で
巫女m@sなんだろうな、と
[0:16:40] Shade: 思ったわけですよ。

[0:17:21] Shade: 魔理沙だけのアイドル的な意味合いは
込められているんじゃないかと。
[0:17:44] Shade: つまり、魔理沙は
「何にも縛られない巫女としての霊夢」
というイメージで
やはり霊夢を拘束している、とも言える。
[0:17:56] Shade: だから、やっぱり霊夢は
魔理沙のアイドルだ、という具合。



[0:19:06] ぱっとれさん: 念のために注釈するなら、
[0:17] Shade:

<<< つまり、魔理沙は
「何にも縛られない巫女としての霊夢」
というイメージで
やはり霊夢を拘束している、とも言える。
[0:19:50] ぱっとれさん: ということに魔理沙ちゃんは気づいておらず、一方霊夢さんはそれを気づきながら受け入れてるので、ああクズレイマリかわいいなあというレイマリ的楽しみ方-みたいなかんじくらいだった
[0:20:10] Shade: その意味で、霊夢さんの方が大人だよね
[0:20:17] ぱっとれさん: 大人というか、クズだね
[0:20:22] ぱっとれさん: あの霊夢さんはヤンデレフラグ立ってる
[0:20:28] Shade: 相手もまた自分にイメージを投影しているんだけど、まあ可愛いからいっかー
[0:20:34] Shade: みたいな感じじゃないの?
[0:20:58] Shade: イメージを投影してくれて嬉しい、までは
いっていない気がした。
[0:21:11] ぱっとれさん: そこと、もう一歩先への境くらいまでいっちゃったかもーというかんじ?
[0:21:35] ぱっとれさん: 元々霊夢さんは比較的魔理沙に入れ込んで……ってここの描写はもしかしてカットしてたっけかな
[0:21:51] Shade: なるほどー
[0:22:08] Shade: 露骨に、「縛られること嬉しいよ!」みたいな感じではなかったから
[0:22:31] Shade: 無自覚にイメージを投影してくる魔理沙の幼さ込みで愛でているのかなーって思った。
[0:22:39] ぱっとれさん: まあそこまでくればこちらの提供するものとしてはだいたいやれた感なので、後は好きに考えてもらってかまわない的な気持ちはないでもないのだけど。


[0:23:32] ぱっとれさん: 魔理沙にとって霊夢さんが私だけのアイドルであるのと同様、霊夢さんにとっても魔理沙が私だけのファンみたいなかんじ? ちょっと入れ込み描写薄かったかな……?
[0:23:49] Shade: なるほど
だから霊夢は
[0:23:59] Shade: なんで途中で帰ったの? みたいなことを言ってたわけか
[0:24:07] ぱっとれさん: うん
[0:24:08] Shade: 魔理沙の方をチェックしてるよ! みたいな。
[0:24:16] ぱっとれさん: 霊夢さんは魔理沙を見てたね



[0:44:14] ぱっとれさん: 私の読み方としては、やっぱり魔理沙のエゴ部分に目が行くというか、つーかこれ明らかに自己矛盾してるじゃん! というあれなので
[0:44:39] Shade: メタ的な部分が入っていないような。
[0:45:04] ぱっとれさん: 巫女m@s!としてのクズレイマリ的な構造を見てはいない感じかな


[0:46:31] ぱっとれさん: 構造部分の入り口としては、タイトルの意味、魔理沙の自己矛盾、そんな魔理沙への霊夢さんの態度、くらいを用意しておいたつもりなんだけど


[1:22:03] ぱっとれさん: ンゴゴゴゴゴwwwwwwwwwこの策に溺れた感wwwwwwwwwwwww

なるほど...。ssでなんで最後、あんなになでなでし合っているのかわからなかったんですが、プロデューサーとアイドルの関係があったからなんですね。
 そうだったらしいよ……! なんかある程度以上いっちゃうとお話が私の手を離れちゃうのでいち読者としてそんな気がするって感じに近いけど!
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://kurubata.blog58.fc2.com/tb.php/1209-820812c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。