くるくるばたばた

主に東方SSの解説や感想と、稀に漫画とかラノベとかその他。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第六回東方SSこんぺの話
 今さらだが、こんぺで面白かった作品をメモっておこうというわけだな!

『アルキメデス・フリー』(deso氏)は短くも見事にやられた感。
『本当は怖いDHMO』(リコーダー氏)はオチが好きであり魔理沙ちゃんもかわいい。
『鱗』(藤ゅ村氏)が美しい永江衣玖。
『CROSS RIVER』(時計屋氏)がぞわりとくるにとり。
『水の羽衣』(木村圭氏)が、少し中身に比して分量多いけど三魔女かわいいというかアリスかわいい
『○○のおいしい水』(爪影氏)が、微妙にストンと流れが繋がらない感もないではないけど、かなりレアなアプローチで面白い。
『最後の犠牲者』(佐藤厚志氏)が、なんというか、すごく幻想郷書けてるなあと。そして主人公たちについては不思議と脳内補完できてしまう。
『廻りゆく吸血鬼』(PNS氏)が……なんとなく釈然としない(単にキャラ観の違いかも)感はあるんだけど、すごく『上手に』まとまってる印象。
『本読み少女に恋をした!』(反魂氏)はここまでいっちゃうと個人的にはちょっと文章ごちゃごちゃしてる感があるんだけどそれを加味しても面白い。
『ジャパニーズサムライ・ミーツ・ガール1590』(ねじ巻き式ウーパールーパー氏)が真っ直ぐに面白い。
『華燭の春 燐火にて』(Id氏)がすごい……きっちりかっちり読みにいけばまた別のものが見えるのかもだけど、まあとにかく普通に流し読んですごい。
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://kurubata.blog58.fc2.com/tb.php/1214-f3904798

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。