くるくるばたばた

主に東方SSの解説や感想と、稀に漫画とかラノベとかその他。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
完璧少女は故に完璧であろうとして


 本当に、馬鹿みたいでしょ?



 お姉ちゃんはそんなことないって言ってくれたし、私だってさすがにそれはないと思ってた。

 そう、思いたかった。



 でも、ほんの少しだけど、もしかしたらそうなんじゃないかって考えちゃったから。


 だから、勉強だってたくさんしたし、お料理だって頑張って出来るようになった。

 ──けど、それでも、お父さんもお母さんも連絡一つくれない。


 ……当たり前よね。




 それでも──ううん、もう期待してるわけじゃない。

 ただ、何年もやってきたことだから。


 お父さんとお母さんが帰ってくるって期待してるわけじゃないの。

 ただ、そうするのに慣れちゃったから。

 だから、今もそうしてるだけなの。



 本当に、馬鹿みたいでしょ?





 毒にも薬にもならない妄想。短編にすらならないのでブログの記事にしたというお話。
 意味がわからないという方はスルー推奨。というかこれだけで内容が完全に理解できるという方は妄想家の素質があるんじゃないかとすら思えるほどに簡易かつ単純。

 しかし彼女の年齢的にこういうことを考えるというのは実際どうなんだろう。よくわからないというかその辺が苦手。
 自分はそういう「キャラの年齢にあった心理」を書くのが苦手というか調子こきすぎてしまうわけで、今書いているやつでまた同じような指摘を受けるんじゃないかとドキドキしてるわけです。微妙にごまかし要素が入ってるんですけどね。

 ヒナギクというキャラは本当に妄想のしがいがあるのだけど、油断すると別にハヤテのごとく!の二次創作じゃなくてもいいんじゃないかって話が出来るので困る。
 まあおそらく自分も「別にハヤテのごとく!じゃなくてもいいss」というものを書きまくっている気がするので何とも言えないのですけど、やはり一つくらいは「ハヤテだからこそ」といえるものを書いてみたいと思っているのです。

 おそらくおそらく、九十一話でのヒナギクの問いについて、私的に納得できてかつ他で見ない何かが降りてきたならば、「ハヤテだからこそ」のヒナハヤssが書ける気がしないでもないかもしれないということは否定できないかな、と。


 明日辺りネット環境完全復活できそうかもしれないです。

コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://kurubata.blog58.fc2.com/tb.php/37-4365758b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。